CubeMagicエディタ         
メインメニュー

最新ニュースブロック

お問合せ・サポート

CubeMagicの特徴

CubeMagicは、3つの主要なモジュールからなっています。
1.エディタ 積荷情報を入力するモジュール  詳細はこちら
2.CubeMagicエンジン 3次元の最適配置計算を行うモジュール
3.CubeMagicビューワー 積付図を2D/3Dで表示するモジュール  詳細はこちら

 エディタで入力された積荷の情報を元に、CubeMagicエンジンが計算を行い、3次元の最適配置結果を送り返します。その結果をビューワーが描画します。



 ビューワーは、積付図を表示・印刷するWindowsプログラムです。 2Dだけでなく、3Dで立体的にどの荷物がコンテナのどの位置に配置されているか、分かりやすく視覚的に捉えることができます。また、配置の変更や保存・印刷もできます。

Macユーザの方へ
CubeMagicは、積付図を表示する際にCubeMagicビューワーというWindowsアプリケーションを使用します。 Macでは、CubeMagicビューワーが動作しないため、ご利用になれません。

CubeMagicの機能概要
  主な機能
CubeMagicエンジン




3次元最適配置計算
エディタ ・積荷の入力
・印刷
・積荷データの保存/読込

ビューワー ・積付図の2D/3D表示
・配置の変更
・印刷
・配置データの保存/読込





エディタの特徴

  エディタには「CubeMagicエディタ」 と 「パッキングエディタActiveX版」があります。
  どちらかをご利用ください。(両方お使いいただいても結構ですが、計算結果は同じです)
  1. 積荷の数量とLWH/重量を入力し、コンテナを指定するだけで計算できます。
    • 事前に計算のためのパラメータなどを登録する必要はありません
  2. コンテナの種類と内寸は自由に設定できます。
    • 御社の標準寸法に変えたり、大きめ/小さめコンテナなども作れます
  3. 入力した積荷データはファイルに保存できます。
    • 入力作業を翌日に持ち越すことも可能です
  4. 上積み禁止や水平の向きを指定することもできます。
  5. 体積効率や荷物のまとまりなど、最適化優先条件を変更できます。
エディタの相違点
機能 CubeMagicエディタ パッキングエディタActiveX版
Excelでコピーした範囲の貼付け
テキストファイルからの積荷データ取込
過去データの再利用
積荷データベースの利用





CubeMagicビューワーの特徴

  1. 配置状況を2D/3Dで表示します。
    • 3Dでは視点を自由に動かしてあらゆる方向から確認できます
  2. 積荷の配置や向きは自由に変更できます。
    • コンテナ内/コンテナ間の移動
    • 段積にまとめる/ばらす
  3. コンテナが一杯になるように積荷の数量を増減できます。
  4. 積荷には、積荷No./積荷ID/荷物名のいずれかを表示します。
    • 積荷No.:入力した順番を数字(No1,No2,No3)で表示
    • 積荷ID:入力した順番をアルファベット(A,B,C)で表示 → 表示や印刷がスッキリします
    • 積荷名:入力したDescriptionを表示 → 積荷がすぐに探せます
  5. 積荷の上下関係は、より強い荷姿が下、同じ荷姿であれば重いものが下になります。
  6. 表示・印刷とも拡大縮小できます。
  7. 積荷一覧表、コンテナへの積荷割付表、積付図の3種類が印刷できます。
※配置を変更するときは、荷物とコンテナの3次元的な位置関係に十分注意を払って、お客様の責任において行ってください。


Copyright(c) 1994-2017 Cube Magic Co. Ltd.,   All rights reserved