CubeMagicエディタ         
メインメニュー

最新ニュースブロック

お問合せ・サポート

御社との連携

CubeMagicの心臓部は3次元最適配置計算を行うCubeMagicエンジンです。
通常のご利用は、エディタからデータを手入力していただき、
エンジンにデータを送って、返ってきた結果をビューワーで出力します。

こちらでは、CubeMagicの応用編をご紹介します。
お客様の業務によりマッチした使い方でCubeMagicをご活用下さい。


  1. 製品データベースにサイズや重量があるので、それを使いたい。(ex.メーカー様)
    データベースからCSVファイルを作成すると、パッキングエディタで検索して 利用できます。もう、手入力は必要ありません。
    詳しくは「積荷データベースフォーマット」をご覧ください。

  2. サイズや重量はExcelファイルで送られてくるので、それを使いたい。(ex.運送業様)
    Excelのマクロや簡単なデータ変換プログラムで、エディタ用の 入力ファイル(拡張子cmi)に書き出せば、エディタで直接読み込んで 計算できます。もう、手入力は必要ありません。
    詳しくは「エディタファイルフォーマット」をご覧ください。
    (弊社でもご相談やコンバートツールの作成を承ります)
    さらにCubeMagicエディタなら、エクセルでコピーした範囲の貼付けができます。



  3. 社内システムの中にパッキングリストがあるので、それを使いたい。
    上記2と同様に、データ変換プログラムを作って入力ファイル(拡張子cmi)に 書き出せば、そのままエディタで読み込めます。 もう、手入力は必要ありません。
    詳しくは「エディタファイルフォーマット」をご覧ください。
    (弊社でもご相談やコンバートツールの作成を承ります)

  4. エディタでデータを読み込む手間も省略して、もっと自動化したい。
    CubeMagicエンジンの入出力仕様を公開しますので、次のようなプログラムを作成すれば、すべて自動でバンニングプランができます。業務フローそのものを効率化できます。
      1)既存システムからデータを取り出し、直接エンジンに送る。
      2)返ってきた計算結果を処理、保存する。
    この場合、エンジンは通常どおり動作しますので、通常の料金体系のまま お使いいただけます。プログラム作成以外に追加の費用はかかりません。
    詳しくは弊社までお問合せ下さい。 (弊社でもプログラム作成を承ります)



  5. インターネット経由でなく、すべて社内で処理したい。
    CubeMagicエンジンはサーバソフトウェアとしても販売しますので、 イントラネット内のサーバに組み込めば、社内だけでお使いいただけます。
    詳しくは弊社までお問合せ下さい。 (弊社でもインストール・設定などを承ります)

  6. CubeMagicエンジンそのものを情報システムの中に組み込みたい。
    HTTP/HTTPS通信を介さず、直接システムの中から呼び出せる計算モジュールとしても販売しますので、社内システムに組み込んでお使いいただけます。
    詳しくは弊社までお問合せ下さい。 (弊社でもシステム開発を承ります)



Copyright(c) 1994-2017 Cube Magic Co. Ltd.,   All rights reserved