CubeMagicエディタ         
メインメニュー

最新ニュースブロック

お問合せ・サポート

その他.データフォーマット

 エディタで読み込めるデータフォーマットは以下です。
  1. エディタファイルフォーマット(CubeMagicエディタ、ActiveX版共通)
     エディタファイル(*.cmi)の構造を示します。エディタファイルとは、入力したデータをファイル化したものです。他ソフト(Excel等)で管理しているパッキングリストを読み込ませたい時は、他ソフトのマクロ機能などでこの構造のファイルに変換して下さい。
    フォーマットの詳細については、エディタファイルフォーマットをご覧ください。

  2. CSVファイルフォーマット(CubeMagicエディタのみ)
     カンマ区切りCSVファイル(*.csv)の構造を示します。使用できるCSVファイルは、積荷データをファイル化したものです。他ソフト(Excel等)で管理しているパッキングリストを読み込ませたい時は、この構造のファイルに変換して下さい。 (Microsoft Excelの場合は「CSV (カンマ区切り)(*.csv)」形式で保存すると簡単です。)

  3. txtファイルフォーマット(CubeMagicエディタのみ)
     タブ区切りtxtファイル(*.txt)の構造を示します。使用できるtxtファイルは、積荷データをファイル化したものです。他ソフト(Excel等)で管理しているパッキングリストを読み込ませたい時は、この構造のファイルに変換して下さい。 (Microsoft Excelの場合は「テキスト (タブ区切り)(*.txt)」形式で保存すると簡単です。)

  4. 積荷データベースフォーマット(ActiveX版のみ)
     積荷データベースフォーマットとは、パッキングエディタ(ActiveX版)が検索するデータベースのことです。あらかじめ積荷データベースファイルを作成しオプション設定で指定おくと、全てを手で入力する必要がなく楽に情報を入力することが出来ます。
    フォーマットの詳細については、積荷データベースフォーマットをご覧ください。


Copyright(c) 1994-2017 Cube Magic Co. Ltd.,   All rights reserved